マコxマコのそれなり?BLOG♪

日々淡々なるマコxマコのそれなり??BLOGもどき??(^ヘ^;
OTHERS
RECOMMEND
ゆかいな誤変換。
「ソフト部」
「祖父飛ぶ!」
なんちてーワラ。

変換でこんなんにもオモロイ日本語(^田^)♪
脱帽とよー!!
GOTH
お気に♪とよ。
乙一のミステリー?ホラー?何とも言えんジャンルかぃな。
おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」
このシュール系??
はきーり言てー、好物っだじぃ〜(^-^)
ハマーてるかにぃ(^-^;
AD
<< 8・31.たわごと。 | main | チマチマ用事だらけの週末(^^; >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イマデモノコルヤサシイイウタ。





   私と小鳥と鈴と



   私が両手をひろげても、
   お空はちっとも飛べないが、
   飛べる小鳥は私のやうに、
   地面(じべた)を速くは走れない。




   私がからだをゆすっても、
   きれいな音は出ないけど、
   あの鳴る鈴は私のやうに、
   たくさんな唄は知らないよ。









   鈴と、小鳥と、それから私、
   みんなちがって、みんないい。





       金子みすず。






showimage001.jpg


花屋のじいさん






花屋のじいさん
花売りに、
お花は町でみな売れた。





花屋のじいさん
さびしいな、
育てたお花がみな売れた。






花屋のじいさん
日がくれりゃ、
ぽっこり一人でこやのなか。






花屋のじいさん
ゆめにみる、
売ったお花のしあわせを。




金子みすず







幼少の頃からずっと変わらずに好きな詩人です(^-^)


ヤサシイココロ。
ワスレズニイタイ。
| 趣味エトセトラ。 | 19:03 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:03 | - | - |
COMMENT
私も大好きです。

上の雪
さむかろな。
つめたい月がさしていて。

下の雪
重かろな。
何百人ものせていて。

中の雪
さみしかろな。
空も地べたも見えないで。

が、2番目に好き
| こころ。 | 2005/09/03 12:01 AM |
エエよにぃ〜、みすずの詩は♪
優しさが感じられマスモンにぃ(^-^)

こころちゃんの好きな詩もエエにぃ。

こーゆーココロをいつまでも忘れない人になりたいじぃ〜♪
カキコサンクス(^〜^)
| マコxマコ | 2005/09/03 8:14 PM |
金子みすずだ〜〜〜〜

悲しい実生活が 優しさを増幅させたのでしょうか・・・
才媛すぎたのか・・。

彼女の詩、童謡は ちょっとにっこり でも切なくなる。

それにしても詩って なんだろ???
なんて 美しいものなんだろう。
どうして 少ない言葉なのに 心にとどくんだろう。
なんて ことを 彼女の詩を始めた読んだとき思いました。

それにしても サイト間違ったかと思った(笑)
さわさわと 風音が聞こえてきましたわ。
| 風 | 2005/09/04 7:40 AM |
風さん、今晩わん(^-^)
金子みすずは・・・そーだにぃ〜、
やさしと、哀愁を感じますにぃ〜。
またそりぃが、詩のあらわれて彼女の味を出していると、思うんだじぃ〜♪

ハハハァ〜〜(^O^)
気分変えてみたんやけろ・・・(^-^;
| マコxマコ | 2005/09/05 8:15 PM |
マコ×マコさん、こんばんは!

金子みすず……わたしも大好きです!!

今まで読んだ事のある彼女の詩の中で、わたしが1番好きな詩は『みそはぎ』です♪


  ながれの岸の みそはぎは
  誰も知らない 花でした

  ながれの水は はるばると
  とおくの海へ ゆきました

  大きな 大きな 大海で
  小さな 小さな 一しずく

  誰も 知らない みそはぎを
  いつも おもって 居りました 

  それは さみしい みそはぎの
  花からこぼれた 露でした


| illya | 2005/09/07 12:25 AM |
コンチワン(^-^)illiyaさん♪
この詩ねぇ。
みすずらしーん詩だと、やぱーり思うちゃうよにぃ〜。
哀れみと優しさが出てきて目に浮かぶよーだじぃ〜。

ほんとに、自然を愛し、子供を愛し、平和を祈っていた人だと思いますのいぃ。

最近・・・・仕事にドプーリ、ハマーてるじぃ。。(^^;
ナカナカ、ネトーに入れん!!!(泣)
| マコxマコ | 2005/09/07 1:50 PM |
COMMENT FORM









TRACKBACK URL
http://makomakolover.jugem.jp/trackback/201
TRACKBACK